日通の単身パック感想(作業員の対応等について)

祖母への気遣いが嬉しかったです

日通口コミ

居候していた祖母の家から一人暮らしをする職場の寮への引越しでした。

引越し当時叔母は不在で業者の方が来るまで私と祖母で残った荷物をまとめていましたが、業者の方が来てからは全て行ってくださいました(当たり前かもですが…)
祖母は腰が悪いのですが、どうにも世話を焼きたいようで手伝おうとしていましたが、そんな祖母に一言「こちらで全て請け負うので大丈夫ですよ」と優しく声を掛けてくださったのを覚えています。

 

荷物が少ないこともあり、作業もあまり時間がかからずあっという間に終わりました。
集荷から撤退までの作業が手早かったのもとても印象に残っています。
小さな引越しだったので、これといった目立ったエピソードはありませんが、それ故の気持ちのいい引越しでした。

 

 

▼引越しの際、気をつけた事▼

引越しノウハウ
私は引越しのとき、とりあえず減らせるものは減らしました。

学生時代に着ていた服や部屋の小物なども、もう使わないかなと思ったものは容赦なく捨てました(笑)逆に引越しのときぐらいにしか捨てることができないので…。

 

引越した後にどうすればいいか迷ったのが食器でした。

必要になるからと言って色々な人から餞別として貰っていましたが全部出すと量が多すぎるし…。
ということでお皿なども平皿は2枚、コップも2つなどと1人で暮らしていくのに必要な数だけ出して、残りはとりあえずしまっておきました。
その後やっぱり使わないなぁ〜というものはリサイクルショップに売りに出しました(笑)
それから家電製品は引越し先で買いました。

その方が引越しの際荷物になりませんし、職場の先輩などから使わなくなったものを貰えたりもしたのでラッキーでした!

 

 

修理含めて誠意のある対応をして貰いました

引越し口コミ

見積もりをしに訪問してくださり、説明が丁寧で教育が行き届いていると感心しました。
引越し当日も作業員の方々は元気がよくとにかくテキパキとした様子で好印象でした。

 

また日通には独自の梱包資材があり大変便利で大活躍でした。
なお引越し後は無料で廃材回収を行ってくれるのでありがたいです。

 

ただ、新居に荷物を運び入れる際、ソファの脚の部品が壊れてしまい弁償の対応となりました。

部品が台湾製だったようで取り寄せまでに2ヶ月ほどかかったのですが、新しいものを家まで持って来てくださることになりましたが、最後まで責任を持って修理をして頂きました

全体的には依頼して良かったという印象です。

 

 

▼梱包のコツ▼

 

まずは引越しが決まった時点で、使用していない季節のものなどから荷造りを進めていきます。
ダンボールには運び入れる先の部屋名、何が入っているかを記載しておくとわかりやすいです。

 

引越しノウハウまた、新居ですぐに使用するものは「すぐ使う」など書いておくと効率よく作業ができます。

新居の配置図を用意しておくと運搬がスムーズにできます。
なお箱詰する際はタオルやクッションなど軽いものを大きめの箱、本などの重いものは小さめの箱にしまうといいです。

 

大きい箱に重いものを入れてしまうと重すぎて持ち運べなかったり腰を痛める原因になるので注意が必要です。

引越しを機に必要なものと必要ないものをよく見極めてリサイクルショップなどに売りに行くと片付くしプチ小遣いができるので一石二鳥です。