日通の単身引越し・口コミ(女性編)

海外→国内への引越しで利用しました【20代・女性・会社員】

 

 

日通の単身パック

当時、米国に住んでおり、帰国する際に使用しました。

私自身が駐在員の方ではなく、現地法人で働いており、帰国する際には住所がまだ不確定の中の引っ越し作業をしておりました。

 

住所が決まってないにもかかわらず、丁寧に対応して頂き、必要な段ボールやテープ類、必要書類も郵送して頂きながら自分自身で荷造りをし、最終的に引っ越しする住所が決まったのが、帰国前2週間。

 

そんな中、FAXを使用し、何度も必要書類を確認して頂いたり、電話で荷造りの際のコツなども教えて頂きながらでの引っ越しでした。

当日も手際良く短時間で積荷が収容しました。

どんな業種であれ、良い人にあたるとこんなにもスムーズにいくもんなんだなと感心しました。

 

引越しノウハウ我が家は結婚してから3回引っ越しをしていますが、生活しながら荷造りをしてました。

つまり、最後まで絶対に必要なもの、不必要なもの、どちらかに迷ってしまうものに分類し、まずは、不必要なものを荷造り。

そして、迷ってしまうものを次に荷造りします。

 

こういった感じで、食器類も、衣服類も、家具類、書籍類も少しずつ荷造りをしていきます。

また、事前に、引っ越し先に最低限の衣服や毛布などを宅急便で日付指定で送っておく場合もあります。

人間、愛着があると捨てづらくなりますが、引っ越しのコツは普段から不必要なものを捨てる勇気です。

これをするだけで、引っ越しはかなり、楽になります。

また、春に引っ越しする場合には、3月中旬以前だと下旬よりも格安になりますよ。

 

 


 

臨機応変な対応をしてくれました【30代・女性・パート勤務】

 

 

 

不動産会社の都合で、次のアパートの入居予定日が1週間後に。

3月の末という忙しい時期でしたが、作業予定日をずらしてもらえました。

 

荷物の搬出日当日、一人での引越作業が初めての私。

何をしたらいいのか右往左往。

それでも、手際よく荷物が詰め込まれ、あっという間に部屋はからっぽ…とても気持ちのよい作業風景でした。

荷物の搬入日、私は渋滞で到着が遅れてしまいました。

業者さんはすでに準備万端。

またまたあっという間に部屋に荷物が運び込まれました。

 

最後に自転車を部屋の前に止めて…という段階で、ベルが壊れてしまっていることが判明。

「新しい物に取り替えます!」と言われました。

私は買い物のため出かけてはいましたが、帰ってくると手紙と新しいベルをつけられた自転車がありました。

すばやく、丁寧なに感謝しています。

日通の単身パック

幼い頃から父の仕事の都合で何度も引越をしてきています。

記憶にないのもありますが、20代半ばでその数5回…。

家族と一緒の引越は分担して作業ができますが、一人暮らしの引越は大変ですよね。

 

大学卒業後、就職のための引越がそうでした。

地元から離れていたため、すべて1人で作業しなければなりませんでした。

1人での引越は初めてだったので、なにもかもが分からず、見積もり??という感じでした。

自己申告で見積もりをしてもらいましたが、いざ荷物をまとめてみると、物の多いこと(笑)

段ボール箱10箱で見積もりをお願いしましたが、10箱どころか15箱分くらいの荷物がありました。

お金に余裕はなかったので、使わない物は捨てることに。

その結果、引越先では捨てたものをまた買うはめに…捨て過ぎもよくないですね。

ただ、物が減って、部屋を広く使うことはできてます(笑)